秋月八潮店 正月福袋解体結果

もう2月に入ったというのに売れ残っていた福袋の
解体結果です。2種類あった内の細かい部品が入った方を
購入、解体してみました。

外観はこんな感じ
画像

水晶類、スイッチなど
画像

積層セラミックやフィルムコン、集合抵抗など
画像

コネクタ類、ボタン電池ホルダなど
画像

完成品類、謎のカギ
画像

おなじみ、キットのバラシ品など
画像

パック品LED、FET類
画像


そして袋に残ったバラ部品、今回は結構使えるPWパッケージの
一般ロジック品が多く、選り分ければ使用可能なところがいい感じ。
右上のマーク入りDIP部品はPICマイコンで書き換え可能なFタイプ。
To220のデカイICもスイッチングREGだったりとかなり使える。
画像

今回の福袋は充分元の取れる品揃えでした。

この記事へのトラックバック